時代の進歩とともに進化しつつ有る税理士の仕事|記帳代行の重要性

男女

税の相談

婦人

これまで税理士というと、税務相談や税務代理を行ってもらうのが一般的でしたが、最近では、税務関連の仕事だけではなく、記帳代行や起業支援、経営アドバイスなどを行っているところもあり、業務の幅が広くなりつつあります。顧客側も、税理士に業務を委託することでビジネスに集中することができ、売り上げを増加することもできるようになります。ぜひ自分に合った税理士を見つけてチャンスの幅を広げてみましょう。とくに最近は、経営者の相談役として顧問税理士を雇うケースも増えています。経営者同士で相談するより、数多くの会社に携わった経験のある税理士に相談する方が、より客観的なアドバイスをもらいやすいという利点があるので、活躍の幅が広がりつつあります。

インターネットの普及でビジネススタイルが多様化するとともに、今後はさまざまなオプションに対応できる税理士が選ばれていくと考えられます。税務だけでなく、給与計算から記帳代行まで、一連の会計業務を行ってくれる税理士がいれば、作業を分担する手間も省け、全体の流れがスムーズになります。そうなればビジネスに弾みをつけることができるので、利用者にとっても報酬を支払う価値が出てきます。現在は自宅で確定申告を行うことができる時代なので、これからの税理士には、より便利なサービスの提供が求められていくのではないでしょうか。税務関連の仕事にとらわれず、会計全般の業務が行える税理士が活躍する時代になっていくでしょう。

料金を相談

男性

少数規模の事業を運営する企業にとって重要となってくるのが電話対応です。選任の事務員が居れば問題ないですが不在の場合は電話対応をアウトソーシングするのも1つの手段といえるのです。

詳細へ

名刺管理のソフト

女の人

名刺管理を行うためのソフトウェアが、多くの企業に取り入れられています。名刺スキャンを請け負う業者を利用し、データ化したものを、ソフトを使ってシステムの中で活かしていくのです。

詳細へ